妊娠線ができる理由と予防

バイオイル 妊娠線 口コミ 頻度

 

妊娠中、おなか周りは赤ちゃんの成長と共に大きくなっていきます。

 

皮膚が柔らかければ、大きくなっていくおなかについて、伸びていきますが、急に大きくなるとついていけずに皮膚の奥が裂けて妊娠線になります。
そのため、予防するためには、お肌の奥まで浸透する高い保湿成分を届けなければいけません。

 

バイオイルは、世界中の人から高い口コミを集めるオイルで、保湿力の高さには定評があり、妊娠中から使うことができます。

バイオイルの効果と使い方

 

バイオイルは、伸びが良いオイルなので、2〜3滴を手に取り、おへそを中心に円を描くようにおなかに使います。
使用頻度は、朝と夜の2回が目安になりますが、乾燥が気になった時は、いつでも使用できます。

 

オイルなので、使用後は少しべたつくこともありますが、気になるようであれば、手を洗ってべたつきを落とすようにします。
太ももやヒップも妊娠線ができやすい部位なので、小名状にケアしてあげると効果が高まります。